10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC800点突破は海外就職の道を広げてくれるか?

2013年12月8日の第186回TOEICテストの結果が約3週間後にネット上で結果公開されました!!
前回は、約5年前に受験して630点でした。

そして、今回は2回目の受験で815点でした。



前回はの受験の際は、TOEICについて訳も分からず受験したので、リーディングの途中でトイレに行くという失態をしてしまいました(笑)
なので、今回は始まる直前にトイレに行っておいたので時間いっぱいテストに集中出来ました。
今考えると、TOEICの途中でトイレに行くとかあり得ないですけど・・・(笑)

今回、2回目にしてスコアが上がったのは、トイレに行かなかったことはもちろんですが、海外で働きたいという自分の目標があったからだと思います。
TOEICはただのテストといえば、それだけのことですが、やはりスコアの善し悪しで国はもちろんのこと紹介される案件にも違いが出てきます。なので、今回のテストでは必ず800以上は取りたいと思って受験しました。

実際に行った勉強はテストの約2、3週間前からですが、私の場合は語彙を増やすことを徹底して行いました。
なぜなら、問題集を解いているとTOEICならではの単語が繰り返し出てくることに気付いたからです。なので、問題集を解くだけでなく、「問題集に出てくる単語は全て暗記」という心意気で繰り返し解きました。
ちなみに、私が使ったテキストはこの3冊です。
どれも優秀なテキストでおすすめです!!!

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

新品価格
¥1,890から
(2014/1/6 16:29時点)


TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/6 16:30時点)


TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2014/1/6 16:31時点)





スポンサーサイト

theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

tag : TOEIC

ネスプレッソのクリスマスキャンペーンセットをクリスマスのお供に‼︎

ネスプレッソのクリスマススペシャルセットをゲットしました
夏のアイスコーヒーセットも購入したのですが、このクリスマスバージョンはかなりお得感高いです

クリスマススペシャルセット
合計160杯分のカプセル+3種類のクッキー:12600円(税込)


クッキーは、少量のおまけかと思っていたら、なんと一箱に12個のクッキーが入って840円の、店頭で販売されているものと同じものが3箱頂けました



カプセルは、全体的に味わいが強いもののセットです。
その中でも、カザールとダルカンは味わいの強さ12と11ということでラテで頂いてもエスプレッソの味わいを存分に楽しめますこの2種類は2010年に季節限定で販売されましたが、今秋に定番の仲間入りをしたようです


ネスプレッソのクリスマスキャンペーンのサイト→http://nspm.jp/christmas2013/about/

実例:東南アジアで働くにはどのくらいの英語力が求められるのか?

最近、東南アジアへの移住&就職を実行しようと動いているのですが、いろいろと面白い情報があったのでご紹介していきます。

東南アジアでの就職は、現在人気があるようで、実際にそれに向けて準備している人は多いようです。
ところで、東南アジアで就職する際の英語力は、どのくらい求められるかをご存知ですか?
答案アジアでも、国によって求められる英語力は様々です。
ランキング形式で発表したいと思います。

<東南アジアでの就職の際の求められる英語力>
1位:シンガポール
2位:マレーシア
3位:タイ、インドネシア、フィリピン
4位:ベトナム

a0003_001887.jpg

1位のシンガポール
、そして東南アジアではありませんが香港の2カ国では、アジア内でも高いレベルでの英語力を必要とされます。
ビジネスレベルでの英語は使えて当たり前という感じです。
この2カ国は、国際都市なのでやはりと言う感じですね。
特に、シンガポールでは外国人を雇用とする際の就労ビザの申請がとても厳しく、シンガポールにとって必要な人材と判断される必要があります。なので、面接をパスしても、国からの就労ビザが降りないということもあり得るそうです。
ただし、ここ数日以内にシンガポールでの就職を決めた女性は、転職歴複数かつTOEIC500点でした。
TOEICに関しては、アピールポイントにならないと考えたため、履歴書と職務経歴書には記載していなかったそうです。
では、なぜ彼女がシンガポールでの就職を勝ち得たのでしょうか?
エージェントから聞いた話ですが、その女性はシンガポールで働きたいという”思い”が強く、それが相手に伝わってシンガポールへの切符を手にしたようです。
「最後は、何が何でも行ってやる!!」という思いが大切だそうです。
と言うことは、誰しもチャンスがあるということですね。


2位のマレーシアに関しては、シンガポールのような発展をお手本にしていることと、多民族国家であることから、シンガポールに次いで高い英語力を必要とされます。
TOEICで言うと、700点が最低レベルだそうです。


3位のタイ、インドネシアではそれぞれの母国語が話せる人の方が重宝されるそうです。
フィリピンに関しては、公用語が英語ですが、そこまで高い英語力を求められることはないようです。


4位にベトナムは、現在急成長中で、沢山の日系企業が進出しています。ただし、ベトナム人が英語を話せる人が少ないため、英語力は殆ど求められることはないそうです。
かつ、日系企業の進出が急激に進んだため、求人数に対して求職者数が追いついていないため、ガッツとフロンティア精神のかる方は重宝されるようです。


英語力が全てではありませんが、どうしても避けて通れないのが言語の壁です。
最近では、セブなどの格安語学留学後にインターンシップで就労経験を積んで、そのまま東南アジアで働く方も多くいるようです。






theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

tag : 東南アジア 就職 英語レベル

プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
885位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。