FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

国内線も国際線もLCC天国

お盆の帰省の際にジェットスターを利用して、つくづくLCCの威力を痛感する今日この頃です最近では、国内線・国際線共にLCCをどんどん活用しています。一方、LCCがどんどん増えることで、競争が激しくなってきているようですね!!

その1つの例が、エアアジアジャパンです。
エアアジアジャパンは、マレーシアのLCCであるエアアジアと全日本空輸(ANA)が共同出資して生まれました。2012年8月1日に運行を開始しましたが搭乗率で苦戦し、 2013年6月に合併の解消を発表しました。そこで、2013年11月1日より、社名を「バニラ・エア」に変更して再出発するようです。そこで、エアアジアジャパンは2013年10月26日に運航を休止し、バニラ・エアとしての運行開始は12月下旬になる予定だそうです。また、バニラ・エアとしての就航路線は9月下旬に発表されるとのことで、今後が楽しみですね



LCCのメリット・デメリット

メリット
  • 運賃が安い!!特にセール商品は激安です。国内線のジェットスターでは以前に1区間1円、エアアジアでは日本ーマレーシア間が5000円なんてコトもありです!!(いくらLCCでも、大手航空会社の格安航空券と変わらないこともあるので比較検討が必要です。)
  • 片道から購入可能!!
  • 自分自身で旅程を組み立てられる!!

デメリット
  • 座席指定や、受託手荷物などに料金が加算されていく。
  • 自分自身で手配をしなければならない。
  • 遅延のリスクがある。                    以前の記事参照→ジェットスター国内線の遅延
  • 変更や払戻が高くつく。
  • 空港のチェックインカウンター数が少ない。
  • 欧米直行便が無い。



主なLCC

国内線エアアジアジャパン
ピーチ
ジェットスター航空
スカイマーク
バニラエア (今後運行予定)

国際線★中国・韓国
エアアジアジャパン
ピーチ
チェジュ航空
イースター航空
エアプサン
春秋航空
★台湾・東南アジア
Scoot  (スクート)
エアアジアジャパン
エアアジアX
セブパシフィック航空
ジェットスター航空
ジェットスターアジア航空
★オーストラリア
ジェットスター航空

その中でも、私が気になっているのが
Scoot スクートです
Scoot スクートは、シンガポールにあるチャンギ国際空港を拠点に運航しているシンガポールのLCCです。
世界LCC会議・アジア太平洋2013で、「ベストLCCオブ・ザ・イヤー2012」に選ばれました。
あまり大きな宣伝をしていないせいか、現在のところ日本での知名度はまだそれほど高くありません。しか〜し、シンガポールを拠点とするLCCで、あのシンガポール航空の100%子会社ということで大注目しています
 ※ちなみに Scoot とは、英語で「さっと動く、でかける」といった意味だそうです。なんだか名前もかわいいですよね。





スポンサーサイト



tag : LCC

プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
791位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示