FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

インド2013⑩ まじかるわーるど

インドでは、手首から先が無い人や、手脚が変な方向に曲がっている人、道を四つん這いで這っている人など、目を背けたくないような光景も沢山ありました。
けれど、インドの人は(もちろん全員では無いですが)純粋で、生き生きとしてて、、、なんというか、置かれた状況で力強く生きている人達だなと感じました。

バラナシの観光地で、小学校低学年くらいの女の子が、物乞いをしてきました。
最初は、無視してたのですが歌を歌ってくれるとのことで、日本の歌を歌ってくれたのでチップを渡しました。
物乞いをしていた時は、切ない表情だったのが、カメラを向けると満面の笑みです。
そして、スキップしながら去っていきました。切ない表情で物乞いをするのも、ある意味生きる術なのかもしれません。

その後、他の観光客に狙いを定めて、またあの切ない表情で物乞いをしていましたが、失敗だったようです。けれども、全くめげずに、お金をもらえるもらえないに関わらず、元気にスキップでどこかに行きました。
物乞いをしないといけない状況下にあるのは悲しいなと思ったけれど、私が思う以上に、彼女たちは強くて、そして不幸な状況でも自分たちなりに幸せに生きているのだと思います。








インドから帰る時は、正直「日本に帰れる」と、ホッとしました。
そして、今まで何度となく海外旅行に行っていますが、初めて成田から帰る際の車窓から見る日本のキレイさと秩序が保たれていることに感動しました。

「インドに行くと人生観が変わる」とよく言われます。
私は、人生観とまではいかないですが、毎日不自由無く暮らせていることが、当たり前ではなくてありがたいことなんだなと思うようになりました。

が、しばらく、インドはお腹いっぱいです。
けれども、なぜかもうすでにインドのことが少しずつ気になり始めています・・・。

インドは、今後成長する国と言われていますが、実際は混沌としておりルールもあってないようなものでした。
しかし、人々のあの生き抜く強さのことを考えると、うん、納得です
インド・・・まさにマジカルワールドでした

スポンサーサイト



tag : インド

インド2013⑨ ついに念願のガンジス河へ

ガンジス川に昇る朝日を見るため5:30ホテルを出発。

ちなみに、バラナシでのホテルはラディソンというホテルです。
ガート(ガンジス川の沐浴場)までは、オートリキシャで30分程ですが静かな場所に建っています。
中谷美紀さん著の「インド旅行記〈1〉北インド編 (幻冬舎文庫) 」を読むと、中谷さんもラディソンに泊まったようです。

ホテルは、今まで泊まったシェラトンや宮殿ホテルと比べると、残念な感じですが一通りのものは揃っています。
可もなく不可もなくといった印象なので、次回はガートに近いホテルに泊まりたいなと思いました。




そして、ガンジス川の朝日は、、、



















感動ものでした!!
全てが絵になります。

ただし、、、ガンジス川の汚れは半端無いです。。。
川辺は、おしっこの臭いとゴミと、なにか(牛?人間?)の糞とが入り交じってます!!
どなたかが「聖なるドブ川」と評してましたが、納得してしまいました。

けれども、ヒンドゥー教の方達にとっては聖なる川です。
皆さん、体を洗い、髪を洗い、口をすすぎ、、、洗濯物を洗い、焼いた死体の灰を流しています。
ホテルのシーツも洗ってました。
おそるおそる手を入れてみましたが、すごく温かい川でした。
一応、ガンジス川の水を持って帰りましたが、、、未だ日本では開封出来ません。

ただ、ガンジス川は聖なる川と云われるだけあって、異国情緒たっぷりの雄大な河でした!!





インド2013⑧ インド人はカメラ好き?

ガイドブックに、インド人に関してこのように書かれていました。
「インド人は写真を取られるのが大好き!!!
カメラを持っていると、撮って!!と言われます。
そして、、、ナ~イス!!と言って去っていきます。」

実際、私も経験したのです!!


バラナシのお店の駐車場でオートリキシャを待っていると、、、
路上ゴーカートみたいなので商売しているインド人たちに、「picture!! picture!!」と言われました。
「きたっ!!」と思っていると、音楽とともに大の大人がミニカーに乗って回り始めました。
すごくかわいくって、、、思わず連写してしまいました!!











気付くと、駐車場の警備員も仕事そっちのけで見に来て、いつの間にか10人位集まってきてます。
そして、ガイドブックの通り、写真を見せると・・・
「I I (アイ アイ)」と、大喜びです!!

本当に、『見た目は大人!! 中身は子供!』です。
不覚にも、インド人かわいい!!と思ってしまいました。




プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
1649位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
518位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示