FC2ブログ
   
05
   

ぽぽちゃんvsひも 今日も引き分け

今日もひもとの戦い頑張ったよ


その甲斐もむなしく、引き分け
お疲れモードです・・・





スポンサーサイト



ロングステイ希望国ベスト10の中の東南アジアの占める割合は?

2012年 ロングステイ希望国ランキングです。(調査:一般財団法人ロングステイ財団

1位 マレーシア
2位 タイ
3位 ハワイ
4位 オーストラリア
5位 ニュージーランド
6位 カナダ
7位 フィリピン
8位 シンガポール
9位 インドネシア
10位 台湾

ロングステイ希望国トップ10の内、5カ国を東南アジアが占めています。ちなみに、11位も、東南アジアのベトナムでした。
なぜ、東南アジアに人気が集まっているのでしょうか?




最近のロングステイの傾向として、

①東日本大震災後にロングステイを考える人が急増
 災害の少ない安心な国や地域へのロングステイを考える方が増えたようです。

②親子で国際教育を目的にロングステイを考える子育て世代のロングステイの増加
 グローバル化により、国を超えてより良い教育を求めてロングステイする子30・40代の子育て世帯、もしくは母子は海外で父は日本で単身赴任というようなご家族も増えているようです。父がかわいそうな気もしますが(笑)。東南アジアでは、日本と比べて低い費用でインターナショナルスクールに通うことが出来るようです。

③リタイア世代のロングステイ
 時間と経済的な余裕のある世代のロングステイが急増しています。年金を利用し、物価の低い国での滞在に人気があるようです。さらに、観光ビザで行き来するだけでなく長期滞在型査証の申請をする方も増加しています。

④「安・近・暖」
 東南アジアなどの、物価が安く、比較的日本から近い国、そして温かい国に人気が集中しているようです。最近はエアアジア(マレーシアの会社)を筆頭にLCCも普及しており、海外への敷居も低くなっています。

⑤海外不動産投資とロングステイの組み合わせが増加
 30・40代の海外不動産活用が活発化しているようです。もちろんメリットとともに、リスクはつきものですが。

⑤医療・介護目的のロングステイ
 タイなどの東南アジアの国では、介護の分野もバックアップしてくれるロングステイヤー向けの滞在施設もあるようです。また、東南アジアでの介護に関する費用は総じて安いようです。



これらのことからも、東南アジアがロングステイ希望国ランキングで上位を占めるのも分かる気がします。
まず、気候が1年中温暖で過ごしやすく、物価は徐々に上がってきてはいるものの日本と比較すると安く、比較的短時間のフライトで往来が可能です。更にはLCCを活用すると国内移動感覚で移動が出来るということも後押ししています。






最近読んだ「ノマド化する時代」という本が、刺激的で面白い本でした。「ノマド」と聞くと、なんだか自由で明るいイメージでしたが、その本の表紙に驚かされ、心をぐっと掴まれました。

 「それは
  はたして、
  自由の楽園か?
  それとも、
  殺伐たる
  砂漠の地か?
  
  これは、未来予想ではない。
  人がノマドを強いられる現実が、始まっている。」

この本の中に、国の境など無いかのようなビジネスマン、子供の為にマレーシアへ留学する母子などが登場します。私は、なんとなくロングステイの流れと重なる部分があるように感じました。そして、これからどう生きていくのかを考えさせられる興味深い本でした。

 

tag : ロングステイ

プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
715位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示