FC2ブログ
   
06
   

エジプト③ アブシンベル神殿

ついにやってきました!!
アスワンから早朝に出発し、3時間ほど砂漠の中を突き進みます!!!
「アブシンベル神殿」です!!!!


アブシンベル神殿は、ラムセス2世が建てた神殿です。
大神殿は太陽神ラーを、小神殿はハトホル女神を祭神としています。

1960年代、ナイル川にアスワン・ハイダムの建設計画により水没の危機にありましたが、ユネスコによって国際的な救済活動が行われたそうです。分割されて、約60m上方、ナイル川から210m離れた丘へ移築されたということで驚きです!!現在ではアスワン・ハイ・ダムの建設によってできたナセル湖(人造湖)のほとりにたたずんでいます。



この写真に写っているアブ・シンベル大神殿には、青年期から壮年期までの4体のラムセス2世像が置かれています。








スポンサーサイト



tag : エジプト アブシンベル神殿

エジプト② 王家の谷、カルナック神殿、ハトシェプスト女王葬祭殿

ルクソールでは、カルナック神殿、ルクソール神殿、メムノンの巨像、王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿を観光しました。


そして、ここが、ツタンカーメン王のお墓で有名な「王家の谷」です。24の王墓を含む64の墓が発見されています。ネーミングからしてワクワクしますね。
ツタンカーメン王のお墓は唯一盗掘にあわずに、ミイラと副葬品が残されていたのですが、若い王様だったのでお墓が小さかったために盗掘されずに残っていたそうです。
そう考えると、盗掘されてしまった他の王様のお墓はどんなに凄かったんでしょう・・・








「ハトシェプスト女王葬祭殿」
です。
ハトシェプスト女王葬祭殿は、ルクソールの西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿です。









ルクソールの東岸に位置している
「カルナック神殿」です。
スフィンクス参道が圧巻です!!






大列柱室には、16列に配置された134本の巨大な円柱がああり、まさに古代エジプトといった感じでした!!



高い塔のような2本は、「オベリスク」と言われます。
オベリスクは、古代エジプト期に製作され、神殿などに立てられた記念碑の一種だそうです
現在、世界に現存する古代オベリスクは30本であり、内13本がローマに、7本がエジプトにあります。
フランスのコンコルド広場にあるオベリスクは有名ですね。





tag : エジプト ルクソール

プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
715位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示