FC2ブログ
   
07
   

東南アジアの紫外線をあなどるなかれ!!

海外旅行に行くと中国人に間違われる事が多々あり、成田空港の免税店でさえ中国語で話しかけられ、成田空港の手荷物検査場では私の前まで「液体物はありませんか?」と言っていたのに、私には「No water?」と言われるのは日常茶飯事でした(笑)
今回1ヶ月ほどの東南アジアの滞在ではどうだったかというと、中国人ではなく東南アジアの人と間違われるようになりました。バリ島では、観光に来ていたジャワ島の人にインドネシア語で道らしき事を聞かれ、カンボジアではベトナム人と言われました。そして、極めつけはバンコク発→日本行きの全日空の機内、ほぼ全員日本人です。そんな中、日本人のCAさんに英語でドリンクサービスの説明を受けました「日本人ではない!」というかなりの確信が無い限りそんなことにはならないはずです(笑)


このエピソードを話すと、「色が黒くなったからじゃない?」と言われました。
確かに、全体的に日焼けしてます。。。

東南アジアの日差しは凄いですが、実際に日本と比べるとどうなのでしょうか?



<WHOの季節別のUVインデックス>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本 2 4 5 8 9 9 10 9 7 4 2 2
シンガポール 11 12 13 13 11 11 11 11 12 12 11 10
 1~2弱い、3~5中程度、6~7強い、8~10非常に強い、11~極端に強い

3~7は、日陰を利用し、出来るだけ長袖シャツ、日焼け止めクリーム、帽子の着用を勧めています。
8~11は、日中の外出は出来るだけ控え、必ず長袖シャツ、日焼け止めクリーム、帽子を利用するように勧めています。
上記の表からも分かるように、東南アジアの紫外線量はと~っても強い事が分かります
では、どのような対策を取れば良いのでしょうか?次回へ続きます。
スポンサーサイト



tag : 東南アジア 紫外線

プロフィール

東南アジアロングステイアドバイザーChie

Author:東南アジアロングステイアドバイザーChie


自他ともに認める大の旅好きです!!
自分の好きな場所・・・大好きな東南アジアにロングステイしようと決意し日々邁進中です。

今後は、ロングステイアドバイザー&日本旅行医学会認定看護師として、ロングステイを目指しているリタイア世代や子育て世代の皆様の、夢を叶えるお手伝いをしていきたいと考えています!!

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ブログ村ランキング

My ホームページ 

 







カテゴリ

応援ありがとうございます‼

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
2292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
715位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示